仕事で使う英語を学ぶ

先生と生徒

ネイティブ英語が理想

中学校や高校、さらには大学時代に学んだ英語は文法中心の英語ですから、いざ習った英語力を仕事で活かそうと思っても、なかなかビジネスでは成り立ちません。ビジネスで英語を使う場合は、また一からビジネス英語を学び直さないといけません。それだけ学校で勉強してきた英語とビジネス英語には大きな隔たりがあることがわかります。仕事で外国人と英語でビジネスをしていく場合は、きちんとネイティブな英語を学ぶ必要があり、最近はビジネス英語を学ぶことができる環境がとても多くなっています。仕事帰りにフラッと立ち寄ることができるような駅前に集中しています。週に一回とか二回程度のビジネス英語学習を続けていけば、だんだんと上達していくでしょう。ここで学んでおけば、仕事では役立つだけではなく、出世にも影響してくる可能性が出てきます。また、お給料にもビジネス英語ができるのとできないのとでは大きな違いが出てきます。会社によっては、ビジネス英語を学ぶにあたり、費用を負担してくれるところもありますので、これから学んでいこうと思っている人は、ひとまず会社に制度があるかどうか確認してみると良いでしょう。学校でビジネス英語を学ぶ場合、できるだけマンツーマンで教えてくれる方が良いです。マンツーマンであれば、他の生徒がいませんので自分のペースで先生もレクチャーしてくれます。その方が上達も早く、メキメキと力をつけていくことが自分でもわかります。

Copyright© 2018 仕事で大いに役立つビジネス英語【未来が大きく変わる】 All Rights Reserved.